ペンギンと種まく人のランプかな




ペンギンと熊 
 
 うつらうつら熊さんは、ペンギンの夢を見た。

 いくら空腹とはいえ、ペンギンを食べちゃう夢じゃない。

 ペンギンと遊んでいたころの、幼いころのペンギンと熊さんの夢だ。

 ちょっと懐かしいな。

 そろそろ熊さんは、目覚めて大きなあくびをする。





ペンギンブック
「これな、ヨーイチがLOTUS句会に出した句だけど、なによこれ。」

  ペンギンと種まく人の夜となる

いやあ、これはね、出した本人がよく分かってない(笑)。 同人の古田さんから「夜に子種をまくのか」って、軽くいなされた(笑)。もちろん、そんな見栄をはったわけじゃないけどさ。「夜となるのが、まずいんだよ。このペンギンは、ペンギンブックのペンギンだろ?」 …………へ? 「だからさ、種まく人は岩波書店だろうさ。」 おぶはどうだとばかりに、顔をのぞき込む。…………え?

種撒く人
 「要するに、今夜はペンギンブックと岩波の本を読みますよ、てなわけだ。」 おいおい、ペンギンブックなんて一冊も持ってないぞ。「そんなことは、句の成立に何ら関係しないだろうさ。この読みからすると、夜となるは眠るまでとかにする。」 …………。

 ペンギンと種まく人と眠るまで

 「おお、ここに岩波新書があるじゃないか。鈴木忠志著『演劇とは何か』か。新書はランプの絵だな。なら、こうするか。」

 ペンギンと種まく人のランプかな

 「ほほ、いい句だぜ。これにしな。」 …………ま、いいけど。今夜はペンギンの夢を見るよ、きっと。





関連記事
2017-03-02 : 句のエコロジー : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
ホーム  次のページ »

FC2カウンター

プロフィール

熊谷陽一

Author:熊谷陽一
LOTUS同人

メール youichi.kumagai@gmail.com

 

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード